LIFULL保険相談



地震や台風などの自然災害でケガをして入院したら、給付金はもらえますか?

医療保険は怪我や病気で入院や手術をした時に給付金がもらえる保険であり、非常にカバーする範囲が広いものだと考えられます。
自分で故意に怪我をしたなどでは認められませんが、不慮の事故によって怪我をした場合では給付金を請求することができます。
ここで1つ疑問となるのが、地震や台風などが原因で怪我をしたというケースです。
最近では自然災害が多く起こっており、いつ自分が巻き込まれるか心配だという人も少なくありません。
そこで地震や台風といった自然災害でも給付金をもらえるのかを考えてみましょう。

医療保険では自然災害でも対象になる?

基本的に医療保険で給付される入院給付金は疾病入院と災害入院というものがあります。
これは疾病、つまり病気によるものと、災害、つまり自然災害による怪我によるもが対象になるという証拠でもあるのです。
最近では医療保険でも災害給付金、失敗給付金のようにわけるのではなく、入院給付金としてひとくくりにしていることが多くなりました。

  • ただ、これは区分けがなくなっただけであって、保障の対象が変わったわけではありませんので、自然災害による怪我も問題なく給付対象となります。

  • 医療保険において傷害というのは、急激かつ偶発的な外来事故による怪我であるという規定があります。
    急激、偶発的、外来、この3つの条件を満たしていれば、給付対象となりますので覚えておくと良いでしょう。
    ただし、傷害保険という保険では地震や津波、噴火などによる怪我は対象とならないのです。
    このことを混同してしまって覚えている人も多いので、しっかりと確認しておいてください。

    医療保険の約款には支払わないというケースがあるけれど?

    医療保険の約款には様々なルールが記載されています。

    • その1つに、戦争や変乱、地震や噴火、津波などによって保険計算の基礎に影響があるような時には、支払い額の削減や支払いを行わないケースがあるという条項があるのです。

    • この条項を考えてみると、保険会社としても世の中に大きな変乱があった時には、支払いの基盤そのものが揺るいでしまうことがあり、そうした時には契約した額そのままを支払えない場合があると記したものだと言えます。
      直近のことで言えば、阪神大震災や東日本大震災をイメージする人も多いでしょうが、このどちらのケースでも、保障額の削減は行われることなく支払いされていますので、そこまで心配をする条項ではありません。
      この2つのケースよりも大きな自然災害があれば、また話は変わってくるかもしれませんが、それは日本社会そのものが危ぶまれるような災害に見舞われた時だと考えて良いでしょう。


      LIFULL保険相談



関連記事

  1. 入院保険金と疾病入院保険金の違い

  2. ジェネリック医薬品のメリット・デメリット

  3. 七大生活習慣病とは?

  4. 誕生日のどれぐらい前に保険を申し込めば、今の年齢での加入ができますか?…

  5. 病気で死亡した時は、補償されますか?

  6. 傷病手当金の支給額と支給期間

PAGE TOP