LIFULL保険相談



クーリング・オフ制度が使える期間は?

通販で買い物をしたことがあるという方はクーリング・オフ制度を聞いたことがあるでしょう。クーリング・オフ制度というのは業者から強引に契約をさせられたなどという場合、消費者を保護するということから契約より一定期間内に契約を解除できるという制度です。ではクーリング・オフ制度の詳しい内容と、保険との関係性を見てみましょう。

クーリング・オフ制度概要

クーリング・オフ制度が利用できるのは法律によって規定されている場合、業界が自主規制によって規定を設けている場合、業者が任意で規定を設けている場合です。いずれの場合も業者が自分からクーリング・オフ制度を設けている場合は契約書に記載がありますのでチェックして見ましょう。

法律で認められているクーリング・オフ制度は訪問販売や店舗外取引、キャッチセールスにアポイントメントセールス、電話勧誘販売に連鎖販売契約、特定継続的役務提供、業務提供誘因販売、クレジット契約に宅地建物売買契約、投資顧問契約、不動産特定共同事業契約、保険契約、預託取引にゴルフ会員権契約、そして冠婚葬祭互助会契約になります。

クーリング・オフ制度が使える期間は一般的に8日間ですが、マルチ商法やネットワークビジネスなど連鎖販売契約や在宅ワークやモニター商法など業務提供誘因販売は20日間、投資顧問契約は10日間、預託取引は14日間となります。

保険とクーリング・オフ制度

医療保険や生命保険にもクーリング・オフ制度が適用されます。クーリング・オフ制度の期間は8日間で、法廷の契約書面が交付された日または申し込みをした日のどちらか遅い日を1日目として8日以内に発信することが条件です。

対象となるのは保険期間が1年以上のもので保険料支払義務があるものですから、自動車保険や火災保険なども対象となります。これは保険業法309条にも記載されていますので、医療保険や生命保険に加入したけれど納得できない、強引に契約させられたという場合は契約者から一方的に解除することができるのです。


LIFULL保険相談



関連記事

  1. 地震や台風などの自然災害でケガをして入院したら、給付金はもらえますか?…

  2. 保険会社が破綻したとしたら、その契約はどうなりますか?

  3. 「通院」と「日帰り入院」の違いは何ですか?

  4. 自由診療には保険が効かない?

  5. 傷病手当金の支給額と支給期間

  6. 契約者変更の手続きに必要な事について

PAGE TOP