LIFULL保険相談



医療保険を申し込む際に、医師の診査は必要ですか?

一般的に保険というのは、健康な状態で加入するものです。
そのために告知といった制度があるのですが、それだけではなく医師による判断が必要な場合も出てきます。
代表的なものでは、生命保険に加入する時に、死亡保障額などによって医師の診査が必要となるいうケースがあります。
ここでは医療保険においても同じように診査が必要がどうかを考えていきましょう。

医療保険では医師の診査は必要?

先に結論を書いてしまいますと、医療保険においては医師の診査は必要ありません。
健康診断などの受診もしなくて良いので、申し込みさえすれば診査をしてもらうことができるのです。
ただし、申し込みの際には告知書を作ることになるので覚えておいてください。
告知書とは過去の傷病歴であったり、健康診断で異常の指摘歴があったりなどを記載するものです。
過去5年程度の傷病歴であったり、現在治療中の持病、他にも危険性の高い趣味やスポーツなどをしているのなら、それらも記載します。
告知書の内容によっては定期健康診断のコピーなどの提出が必要になるかもしれません。
ただ告知書以外に必要になるのかは、保険会社によって違ってきますので、詳しくは確認しておくと良いでしょう。

この告知書に記載された内容に基づいて、保険会社は審査を行います。
保険会社にしても、保険金を支払うリスクが高い人を加入させてしまうのは、他の加入者との公平性を欠くことになります。
保険というのは相互扶助の精神で作られているものですので、場合によっては加入を断るというケースもあるのです。
では、傷病歴があれば医療保険には加入できないのかという話になってきます。
傷病歴がある人の場合は、引受基準緩和型保険がお勧めです。

引受基準緩和型保険というのは、その名の通りに加入条件が緩和された保険のことで、一般的な医療保険と比較すると、条件がゆるやかになっています。

高血圧や糖尿病などのような生活習慣病は罹患する人も多く、すべての場合ではありませんが、条件次第では加入することが可能です。

告知書はどのように書けば良いの?

基本的に告知書というのは、どこの保険会社でも同じような内容となっています。
項目としてもほぼ変わりはありませんし、フォーマットができたものが送付されてきますので、それに記入していくだけです。
基本的には質問に対して、イエス、ノーで答えていくという形ですが、備考欄などでは詳しく書く必要が出てきます。

ちなみにですが、告知書で虚偽の申告をしてしまうと、最悪のケースでは詐欺罪が適用されることもあるので、本当のことだけを書いてください。


LIFULL保険相談



関連記事

  1. 医療保険の責任開始日はいつになるか

  2. 保険料を前納しておくと後で楽が出来る?

  3. 終身タイプの医療保険に加入しています。もし認知症になったらどうなります…

  4. 健康保険制度を利用した医療制度とは

  5. 医師の診断確定がないと保険金は請求出来ない?

  6. 自由診療には保険が効かない?

PAGE TOP