LIFULL保険相談



災害入院給付金を受け取れる条件を教えて下さい。

医療保険の保険金には手術給付金と入院給付金の2つがあります。
この入院給付金ですが、こちらも2つに分類されており、災害入院給付金と疾病入院給付金に分けることができるのです。
この内、災害入院給付金について、災害と名称があることから自然災害によってしか受け取ることができないものだと考える人も少なくありません。
ここでは災害入院給付金について詳しく考えてみましょう。

そもそも医療保険における入院給付金とは

医療保険には入院給付金と手術給付金の2つがあることは上に書いた通りです。
この入院給付金というのは、怪我もしくは病気の治療を目的として入院した場合に発生するものだと考えてください。
そこで先の疾病入院給付金と災害入院給付金に話を戻します。
疾病入院給付金とはその名のとおりに病気が原因で入院をした時に発生するものなので、わかりやすい名称だと言って良いでしょう。
対する、災害入院給付金ですがこちらは病気ではなく、怪我をした場合に入院治療を受けると発生するものです。

災害と書いてしまうと、台風や地震などのような自然災害をイメージする人が多いでしょうが、天災による怪我だけではなく、不慮の事故というのも対象になります。

不慮の事故というのは、偶発的に急激と起こったものであり、外来の原因によるものだと保険では定義されていますので覚えておくと良いでしょう。

ここで重要なキーワードは急激、偶発、外来という3つです。
急激というのは事故が起きてから怪我をするまでの経過で時間の間隔が短いこと、もしくは事故の発生を避けられなかったことを指します。
偶発というのは故意に起こした怪我ではなく、事故などによって怪我をすることが予見できない状態であったことの意味です。
最後の外来というのは、身体の内部が原因となったのではなく、怪我を起こしたのは飽くまでも身体の外から作用したものだという意味になります。
つまり、交通事故であったり、転倒することで怪我をしたというのは対象になるのですが、過度の運動を続けていた、高い山に登って高山病になるなどのケースでは対象外となってしまうのです。
これは結果を予測できるということから判断されたもので、あくまでも判定基準の1つであると考えておくと良いでしょう。

災害由来の怪我の場合はどうなるの?

最近になって自然災害の被害にあうケースというのは増えており、災害が原因となって怪我をした場合はどうなるの、と不安に思う人もいるかもしれません。
医療保険に加入しているのなら、災害入院給付金にて対応できるのと疑問に思うかもしれませんが、大丈夫です。

災害入院給付金は自然災害が原因となったケースでも対応していますので、保険金を請求することに問題はありません。


LIFULL保険相談



関連記事

  1. うつ病などの精神疾患の人でも医療保険への加入はできますか?

  2. 医療保険はどのような場合に失効するのか

  3. 上皮内新生物はガンではないのか?

  4. 医療保険で高度障害保険金は受け取れる?

  5. 相互会社の保険は相互保険?

  6. 給付対象となる手術を教えて下さい。

PAGE TOP