LIFULL保険相談



医療費控除にはどんな種類が?控除関係で知っておくべきこと

年末調整をするとき、医療費控除を含まなければならないことがあります。そもそも医療費控除というのは1年の間に納税者と生計を同一にする配偶者そのほかの親族に支払った医療費の合計金額によって所得控除を受けることができるものです。では医療費控除の概要と、知っておきたいことについて見てみましょう。

医療費控除とは

  • 医療費控除は国税庁によると、自己あるいは生計を同一とする配偶者、他の親族が1月1日から12月31日までに支払った医療費の合計が、一定以上である場合一定の所得控除を受けることができるものとなっています。
  • 医療費控除はどのように計算すればいいのかというと、実際に医療機関や薬局などで支払った医療費の合計額から、保険金などで補填された金額と10万円を引いた金額になります。

    保険金などで補填される金額と言うのは生命保険や医療保険などでおりた入院給付金や手術給付金、健康保険で支給される高額療養費や家族療養費、出産育児一時金などです。総所得金額が200万円未満の方は10万円ではなく、総所得金額等の5%を差し引き、最高200万円までが対象となります。

    医療費控除を受けるためにすること

    医療費控除を受けたいという方は確定申告書を税務署からもらい、提出しなければなりません。領収書が必要になりますので、できれば1年が始まるときに医療費明細書は取っておくようにしましょう。

    対象となる医療費控除は医師や歯科医師に受けた治療、治療や療養のために買った薬、病院や診療所を始め、介護施設や助産施設に入るために必要となったタクシー代など、あんまやマッサージ、はりや指圧などを受けたときの費用、保健師、看護師、准看護師など療養目的で世話してもらったときの費用、助産師が行った分娩介助、喀痰吸引や経管栄養、介護保険制度でサービスを利用したときの自己負担となります。

    ただし健康増進目的のビタミン剤や医師への謝礼金、健康診断費用、体調管理のためのあんまなどは含まれません。

    • 確定申告をするときはかかった病院と医療費などをすべて記載し、明細書と一緒に提出しましょう。

    • LIFULL保険相談



関連記事

  1. 掛け捨て保険のメリット・デメリット

  2. 契約時の年齢が契約年齢になる?

  3. 病気で死亡した時は、補償されますか?

  4. がん治療に生物学的療法は有効か

  5. 医療保険は何歳から加入できますか?

  6. 収入保障保険の支給条件

PAGE TOP