LIFULL保険相談



被害事故保険金とは?

車社会と言われている昨今、いつ何時交通事故に遭うとも限りません。
そのとき、あなたが加害者となる可能性もありますし、逆に被害者となる可能性もあります。
そこで覚えておきたいのが被害事故保険金のことなのですが、一体どのようなときに活用できる保険なのでしょうか。

被害事故保険金とは何か?

被害事故保険金とは、こちらが事故の被害者となったときに適用される保険のことを言います。
通常交通事故に関する保険金は自動車保険でまかなわれるのですが、自賠責保険では保障しきれない範囲、また加害者が保険に入っていなかった場合など、治療費が自己負担となってしまう場合があります。

通常であれば自賠責保険で怪我の保障がなされるのですが、支払い限度額は傷害の場合120万円、後遺障害が残ったとき、常時介護なら最高4000万円、随時介護なら最高3000万円、死亡した場合最高3000万円と決められています。

また損害の範囲も治療関係費や文書料、休業損害などと決められていますので、治療にかかったお金が全額まかなわれるわけではありません。

そんなとき、被害事故保険に加入していると、治療費のほぼ全額をカバーしてもらうことができるのです。

被害事故保険金の内容

もしあなたが自動車保険に加入しているのであれば、人身傷害でカバーされることが多いのですが、人身傷害は所有する車に乗っていないときでも保障されると明記されています。

さらに相手の車が無保険であった場合、無保険車傷害があなたの自動車保険に付帯されていますので、2億円を限度に実際にかかった治療費を受け取ることができます。
この保険ではひき逃げなど、加害者が特定されない事故にも対応しているのが特徴ですが、適用されるのは死亡あるいは後遺障害が残る重度障害だけなど、保険会社で対応が異なります。

あなたが自動車保険に加入していない場合、傷害保険に加入していることでカバーできることがあります。
自動車事故は基本的に全額自己負担となりますので家計に大きな負担となります。
ところが傷害保険に加入していると、自動車事故で被害者になっても、治療費などの保障を受けることができるのです。

また傷害保険あるいは自動車保険の多くは弁護士費用の特約が任意で選べることがあります。
事故で弁護士に相談した場合に発生した金額を限度額を上限として保障してくれる特約ですから、つけておくといいでしょう。

事故で被害者となったからと言って、加害者が十分な保障をしてくれない、分からないと言う場合でも泣き寝入りする必要はないのです。


LIFULL保険相談



関連記事

  1. 基礎年金はいくらもらえる?知っておきたい知識

  2. 受取人の変更に必要な書類と注意点について

  3. 申し込んでどれくらい経ってからが契約応当日?

  4. 保険における据え置きとは

  5. 保険会社が破綻したとしたら、その契約はどうなりますか?

  6. 七大生活習慣病とは?

PAGE TOP