LIFULL保険相談



医療保険の加入条件を教えて下さい。

医療保険に加入したいと考えている人も多いですが、加入前には審査があります。
その審査とは告知という形で申告された内容によって行われるのですが、この審査に落ちてしまうと加入することができません。
ここでは医療保険の加入条件について考えていきましょう。

医療保険の加入条件とは?

原則として医療保険というのは健康な人を対象にしています。
そもそも病気や怪我をした時に、入院や手術を受けると給付金を受け取ることができるという保険となるのですから、もともと怪我や病気をしている人が加入できるというのはおかしな話です。
ですので、基本的に健康な人が対象となっています。
この健康であるということを確認するために行われるのが、先程も書いた告知です。

告知で申告するのはいくつか内容があるのですが、大きく加入に影響してくるのは、現在治療中の怪我や病気はないのか過去5年間に罹患した病気や怪我はないのか、という2点になります。

近年では生活習慣病やうつ病などに罹患する人も増えています。
これらの病気の罹患歴があるというケースでは、医療保険の加入はかなり難しくなると考えてください。
ちなみに全治していたとしても、がんであったり、ポリープや帝王切開などがあるというケースでは、一定期間は加入できません。
これらの症状や病気というのは、完治したように見えても再発するリスクがとても高いからです。

では、病気をしたことがある人は医療保険に絶対加入できないのかというとそうではありません。
引受基準緩和型保険というものであったり、無選択型医療保険というものがあり、これらの保険ですと、病歴があっても加入することができます。
特に無選択型医療保険では、そもそも告知をする必要がありませんので、無条件で加入できると考えて良いでしょう。
引受基準緩和型医療保険の場合は、一般的な医療保険よりも告知での引受基準がゆるくなっているというケースです。
病気を患っていたとしても、服薬や治療によってある程度症状の落ち着きを見せているというのなら加入できるかも確率が高くなります。

医療保険の告知で虚偽の申告をしたら?

保険にどうしても加入したい場合は、審査の要になる告知にて虚偽の申告をしようと考える人もいるかもしれません。
基本的には自己申告制となっているので、嘘をつくことで保険に加入することはできるでしょう。

  • ただし、告知書に虚偽の申告があったことがバレてしまうと、保険金の支払いを拒否されたり、保険契約そのものを一方的に解除されてしまうのです。

  • また、最悪のケースでは詐欺罪が適用されてしまうこともあるので、必ず正しい申告をしてください。


    LIFULL保険相談



関連記事

  1. 指定代理請求人制度とは?

  2. 5年ごと利差配当付保険は医療保険にもあるか

  3. 告知義務違反をすると契約は解除される?

  4. 被害事故保険金とは?

  5. 保険会社によって、1入院における限度日数や通算限度日数などに違いがあり…

  6. 公的医療保険対象の手術とは?

PAGE TOP