LIFULL保険相談



こども保険に医療保険はあるのか?

万が一のための保険は、大人だけでなく、こどものためにも早めに準備しておきたいものです。都道府県によって詳細は異なりますが、どこの地域にも子どもの医療費には助成制度があります。

ですから、小学6年生くらいまでは医療費がゼロの地域もあります。こども保険にも医療保険はあるのかなど、こども保険の特徴をここでご紹介したいと思います。

こども保険にも医療保険はあるの?

お子さんのために保険に加入する場合には、こどもの進学用費用を準備するための学資保険と、万が一のケガや病気を補償してくれる傷害保険などがあります。まだ、こどもが小さいうちには医療費がかからないですが、看病をするために働いているママは仕事を休むことになったり、病院までの交通費など、いろいろな医療費以外の費用が発生するものです。

こども保険にも医療保険はあり、やはりあると安心です。学資準備のための学資保険の場合には、貯蓄性を、万が一の病気やケガに備える医療保険や傷害保険の場合には、保険料が安いことが重視されるようです。

こども保険の特徴

こども保険は、いろいろな生命保険会社から販売されています。保険の内容もそれぞれ、保険商品ごとに特徴があります。お子さんの進学の時期に合わせたお祝い金が用意されている保険もあります。

小学校入学、中学校入学、高校入学といった入学時期に、お祝い金を受け取ることが出来るのです。

こども保険の場合、契約者が万が一の場合でも、保険期間満了になるまで、基本保険金額の6割程度を毎年支払いをしてくれたり、お祝い金も受け取りことが出来るなどの、手厚い保障が特徴です。

こどものケガや病気にも対応しており、ケガや病気で入院した場合の入院給付金や、通院にも特約を付けることで備えることが出来ます。

こども保険には、学資保険と医療保険の要素があるので、実際に選ぶ際には、補償を重要視するのか、それとも返戻金を重視するのかによって、選ぶ商品がかなり違ってきます。


LIFULL保険相談



関連記事

  1. 終身払込は得か損か

  2. 混合診療とは?

  3. 医療保険の契約日についての注意点

  4. 契約者変更の手続きに必要な事について

  5. 長期入院の途中に給付金を請求することは可能ですか?

  6. 保険会社が破綻したとしたら、その契約はどうなりますか?

PAGE TOP