LIFULL保険相談



解約しても解約返戻金が支払われない場合とは?

医療保険や生命保険というと、解約したときに解約返戻金があると思いがちですが、実は解約返戻金が発生しないことがあります。解約返戻金には従来型、低解約返戻型の2種類がありますが、解約返戻金が支払われない場合とはどのような場合か見てみましょう。

契約から年数が経っていない

解約返戻金は契約から年数が経っていなければ給付されない場合がほとんどです。ですから契約して1年も経っていないのに解約したところ解約返戻金は出ないと言われても仕方ないことです。そもそも解約返戻金は契約年数に応じて給付される金額も高くなります。

たとえば5年以上契約を継続しなければ解約返戻金は出ないと言うタイプもありますから、契約約款を良く見ることが大切です。解約返戻金があるタイプには生命保険や養老保険などの積み立て型保険、医療保険が代表的ですが、長い年数契約し続けていれば今まで支払った保険料の総額よりも高い解約返戻金が返ってくることもあります。

しかしこのタイプは保険料も高く、続けられずに途中で解約してしまうという方も多いので、収入と保険料をしっかり比較し、支払い続けることができるかどうか見極めることが大切です。

保険料が安い保険

解約返戻金制度を元々設けていない保険もあり、その場合は保険料が比較的安く設定されています。1ヶ月あたり3000円程度で済む場合も多々ありますが、中には有配当保険として毎年配当金を積み立て解約時に支払うと言うタイプもあります。

  • 解約返戻金があるタイプの保険は保険料が1万円前後のものが多いです。
  • 養老保険などの場合は保険金を設定していますから、満期が来れば満期金を受け取ることができます。それとは別に解約返戻金を受け取ることも可能なので、満期と同時に解約すると言う方も多いのです。

    解約返戻金がない保険の特徴をまとめると、積み立てタイプではない保険、解約返戻金がない分保険料を押さえることができる保険です。どのタイプの保険があなたに合っているのか、さまざまなタイプを比較しながら検討してみると良いでしょう。


    LIFULL保険相談



関連記事

  1. 第1回保険料相当額を支払うと契約開始?

  2. リハビリのために入院した場合は、医療保険で保障されますか?

  3. 医療保険を申し込む際に、医師の診査は必要ですか?

  4. 掛け捨て保険のメリット・デメリット

  5. 差額ベッド代とは?

  6. 保険金の支払事由の発生日はいつ?

PAGE TOP