LIFULL保険相談



個人年金保険料控除の計算方法は?

個人年金保険料控除とは、所得税法によって認められた制度で、1年間に支払った個人年金保険料の一部を控除額として、所得額から差し引くことが出来るものです。
これにより、所得税と住民税を軽くすることが出来ます。ここでは、個人年金保険料控除とはどんなものか、そして計算方法なども詳しくご紹介したいと思います。

個人年金保険料控除とは

個人が支払う税金には、所得税と住民税が主なものとしてありますが、これはそれぞれの収入額に応じて課税されています。つまり、収入が多いほど、税金もたくさん支払う仕組みになっているのですが、この際に個人の事情を考慮して、課税額を決める所得控除があります。

この所得控除は、お金がたくさんかかった場合、その分の金額は収入から差し引いても良いとされる仕組みで、その結果、税金の額が低くなります。控除を受けることが出来るのは、医療費がたくさんかかった医療控除や家族を養っている扶養控除などがありますが、生命保険料控除もその一つです。

  • 生命保険の保険料の支払いが多かった人は、その分の控除を受けることが出来ます。生命保険料控除では、死亡保険などが対象になる「生命保険料控除」、介護保険や医療保険が対象になる「介護医療保険控除」、個人年金保険が対象になる「個人年金保険料控除」の3種類があります。

生命保険料控除は、3種類に分けられた保険料に応じた控除が受けられます。

個人年金保険料控除の計算方法

この3種類の保険では、それぞれに控除される上限が、所得税に対して4万円となっているので、3つを保険を合わせれば、最大で12万円までの控除を受けることが出来ます。
まず、所得税に対しての控除額の計算方法です。

年間の支払い保険料総額が、2万円以下の場合には、支払保険料の全額が控除されます。
2万円から4万円以下の場合には、支払い保険料×1/2+1万円が控除額となります。4万円から8万円以下の場合には、支払保険料×1/2+2万円が控除額となります。8万円以上の場合には4万円が控除されます。

次に、住民税に対しての控除額の計算方法です。

年間の支払い保険料総額が、1万2000円以下の場合には、支払保険料の全額です。
1万2000円以上から3万2000円以下の場合には、支払い保険料×1/2+6000円です。3万2000円以上から5万6000円以下の場合には、支払い保険料×1/4+1万4000円です。5万6000円超えの場合には2万8000円が控除額となります。


LIFULL保険相談



関連記事

  1. 給付金受取人にまつわる基礎知識と注意点

  2. 入院給付金の「通算支払限度」とは何ですか?

  3. 重粒子線がん治療の認知と理解

  4. エビデンスとは一体何?医療保険とエビデンスの関係

  5. 主契約と特約との関係性

  6. 混合診療とは?

PAGE TOP