LIFULL保険相談



帝王切開経験者でも、次の出産が帝王切開になった場合に給付が受けられる保険はあり

過去に帝王切開で出産した経験を持っている方もたくさんいらっしゃることでしょう。
さて、帝王切開といえば医療保険の給付対象になるといわれており、給付に関しては問題なく医療保険からメリットが受けられます。
しかし、問題は帝王切開経験者が新しく医療保険に加入する場合です。
過去に帝王切開をした経験のある人は、普通にちゃんと医療保険に加入することができるのでしょうか。
保険会社はそういう人でも加入を認めてくれるのでしょうか。
この点を知りたいと思ってる方もきっと多いと思いますので、少し調べてみました。

帝王切開は給付対象外になることが多い

端的にいえば、過去に帝王切開したことのある人は、新たに医療保険に加入する場合、条件付でなければ加入できないことがほとんどです。
その条件とは、「妊娠や出産に伴う手術や入院は給付金の対象外」というものです。
本来は、帝王切開のような異常分娩では給付金の対象になるのが一般的ですが、過去に帝王切開をした人に対しては、保険会社があらかじめこのような条件を設定しておくのです。
その理由は、過去に帝王切開していると、次の出産も帝王切開になる可能性が高いからです。

  • したがって、過去に帝王切開を経験した人は、条件付きでなければ医療保険に加入できないでしょう。

  • ちなみに、帝王切開した経験を黙ったまま加入することはできないので注意しておいてください。
    医療保険の加入においては、契約段階で過去の手術歴を告知する決まりになっています。
    この決まりを破ると後でペナルティーを与えられることになるので、隠さず正直に手術歴を告知しなければなりません。
    なお、保険をすでに契約している場合は、帝王切開になっても給付金は支給されます。

    帝王切開経験者の医療保険に対する考え方

    以上のように、帝王切開経験者は医療保険に全く加入できないわけではなく、条件付となります。
    その条件とは、「妊娠にともなう手術や入院は給付の対象外」といったものでした。
    というわけで、帝王切開経験者が、次回の出産で帝王切開になった場合の給付を見込んで保険に加入しても、支給は期待できないということになります。
    これはもちろん保険会社によって対応は異なっていますが、現状ではおおむねどこも、帝王切開経験者の給付は難しいといわなければなりません。

    ただし、帝王切開はそもそも、手術、投薬、注射などで健康保険がきくこと、また費用についても、実は普通分娩の場合とそれほど大きく変わらないケース多いことを考えれば、帝王切開だけのために保険料を支払っていくことは必ずしもメリットが大きいとはいえません。


    LIFULL保険相談



関連記事

  1. 終身タイプの医療保険に加入しています。もし認知症になったらどうなります…

  2. 保険における据え置きとは

  3. 終身保険は一生保険料を支払う?

  4. 保険金の支払事由の発生日はいつ?

  5. 基礎年金はいくらもらえる?知っておきたい知識

  6. 責任開始日とは?

PAGE TOP