LIFULL保険相談



誕生日のどれぐらい前に保険を申し込めば、今の年齢での加入ができますか?

一般的に医療保険というのは、加入時の年齢によって保険料が上下します。
当然ですが、若い方が病気や怪我のリスクが低いと考えられるので、年齢が低ければ低いほどお得だと考えて良いでしょう。
特に誕生日が近いというようなケースでは、早めに手続をすることをお勧めします。
ここで1つ疑問に思うことが、誕生日のどのくらい前なら、現在の年齢で手続きができるのかという点です。

誕生日のどのくらい前までなら大丈夫なの?

結論から書いてしまいますと、一般的には申込日の翌月1日の時点での年齢で計算されることが多いようです。
つまり、誕生日が月末なのであれば、その月のうちに登録すれば大丈夫でしょう。
逆に誕生日がいずれかの月の1日というようなケースですと、前月に登録していては遅くなってしまいますので、2ヶ月前には登録をしなくてはいけません。
ただし、保険会社によってこの扱いというのは変わってくるそうなので、申し込みをする時には、きちんと確認しておくようにしてください。
どこに記載されているのかわからない時には、保険会社に問い合わせをしておくことをお勧めします。
基本的に保険料というのは、契約時の年齢で計算されるものです。

同じ保障内容であっても年齢が若いほど保険料というのは安く設定されますので、保険に加入しようかどうか迷っているのなら、若いうちに入っておくのにこしたことはありません。

特に生命保険における終身型のような医療保険ですと、若いうちに加入した料金がずっと変わりなく続きますので、保険料をかなり節約することができるでしょう。

保険料を節約するためにはどうすれば良い?

最もシンプルな方法としては、健康なうちに加入することです。
民間の保険会社が行っている医療保険では、持病があったとしても加入できるケースがあります。
しかし、保障額に制限ができてしまったり、保険料が割高になってしまうというデメリットもありますので、ともかく病気をしていない健康なうちに加入しておくことがポイントの1つです。
病気になってからでは遅いので、若くて健康なうちに保険に加入するかどうかを決めるようにしてください。
もう1つのポイントは、複数の保険会社から資料請求をしたり、見積もりをとるようにすることです。
保険会社といっても様々なので、一概にどこが安くなるとは言えません。

ですので、比較対象ができるように複数の保険会社から見積もりをとったり、資料を請求することで、保険料金を節約するのに繋がってきます。


LIFULL保険相談



関連記事

  1. 契約者貸付の相殺

  2. 糖尿病の教育入院でも給付の対象になりますか?

  3. 特約とは?

  4. 医療保険の加入に必要な告知書とは

  5. 入院保険金と疾病入院保険金の違い

  6. 高血圧と診断された人でも医療保険に加入できますか?

PAGE TOP