LIFULL保険相談



基礎年金はいくらもらえる?知っておきたい知識

ここ最近、年金の受給年齢引き上げや年金がもらえないのではないか、など様々な情報が飛び交っています。一体どの話が本当で、自分たちは本当に年金をもらうことができるのか、不安に思う方もいるでしょう。では今時点で基本年金はいくらもらえるのか、年金で生活する自身がない場合はどうすれば良いのか見てみましょう。

もらえる基礎年金と年齢

老齢年金は65歳からもらうことができ、その基本年金額は第1号から第3号で異なります。

たとえば自営業者など国民年金にかけていれば国民年金基金が受け取れますが、サラリーマンや公務員などはプラス厚生年金を受け取ることができます。ところが被扶養者などは基本年金である国民年金しか受け取ることができません。

では基本年金である国民年金はいくら受け取ることができるのかというと、平均受給額は月5万4544円となっています。厚生年金に入っている場合は14万5596円が平均ですから国民年金のおよそ3倍になります。

基礎年金だけでは暮らせない場合の対処法

国民年金の受給額は年金を納めた機関や免除などの期間を合わせて決まります。つまり、年金の加入期間が少なければ年金受給額も少なくなるということなのですが、女性の場合専業主婦になり、任意加入となったときに国民年金を納めていたかどうかで受給額も変わってしまうのです。

では基本年金だけではとても生活できないという場合どうすれば良いのかというと、個人年金保険をかけておくことです。個人年金保険は将来のための積み立て保険で、老後の年金への不安を打ち消すための商品です。現在加入者が増加していますから、それだけ将来の年金へ不安を抱いている人が多いということでしょう。

個人年金保険には終身タイプ、低額タイプ、変額タイプがありますが、利率は商品によってまったく違いますし、保険料も異なります。ですから、あなたの状況に合ったものを選ぶことができるよう、保険担当者に相談してみてください。


LIFULL保険相談



関連記事

  1. 医療保険に入るともらえるご契約のしおりで読んでおきたい事

  2. 医療保険と所得補償保険の違いを教えて下さい。

  3. 差額ベッド代とは?

  4. 第三分野保険の種類とは

  5. 入院中に保険期間が終了したら、入院給付金の受け取りは出来ませんか?

  6. 5年ごと利差配当付保険は医療保険にもあるか

PAGE TOP