LIFULL保険相談



保険会社が破綻したとしたら、その契約はどうなりますか?

医療保険に加入する時に最も気になってしまうのが、加入した保険会社が倒産してしまったら、どうなるのということです。
保険料金も安くはありませんし、せっかく払った保険料が無駄になってしまうというのは、とてももったいないことだと言えます。
一般的に保険会社というのは大きな会社が多く、倒産する可能性を考えない人もいるかもしれません。
しかし、保険会社と言っても1つの企業に違いはありませんので、不良債権を抱えてしまったり、資金の運用でマイナスを出してしまったりすると、経営破綻をしてしまうリスクは考えておく必要があります。

保険会社がもし破綻したらどうなる?

もし保険会社が倒産をしたとすると、その契約はどうなるのかという話ですが、契約そのものがなくなってしまうということはありません。
また、これまで支払ってきたお金がすべて無駄になるということもないので、ひとまずは安心してください。
では、具体的にはどうなるのかと言いますと、生命保険契約者保護機構というものがあり、契約をしている人の保護は一定の範囲内で行われます。
この生命保険契約者保護機構というのは、国内で保険事業を行っているすべての生命保険会社が加入しているもので、保険会社の保険というように考えると良いかもしれません。

仮に倒産した保険会社があった場合、生命保険契約者保護機構から破綻をした保険会社の契約を引き継ぐ会社が出るという形です。

この契約を引き継ぐ会社のことを救済保険会社と呼んでいます。

保険契約の引き継ぎに関して、もう少し知っておこう

破綻してしまった保険会社における保険の契約というのは、救済保険会社によって引き継ぎが行われることは書きました。
では、具体的にどうなるのかという話を書いていきましょう。
救済保険会社が現れた場合、保険契約の移転を行うために、破綻した会社の株式取得や合併などをするのが一般的です。

生命保険契約者保護機構としては資金面で救済保険会社に対してサポートをすることで、契約者に負担がいかないようにするという仕組みになります。

ちなみに救済保険会社が現れなかった場合はどうなるのかと言うと、生命保険契約者保護機構が設立する子会社である承継保険会社が引き継ぐことになるか、保護機構そのものが契約を引き継ぐかの2つの選択肢があるそうです。
いずれの場合であっても、保険契約そのものは継続されますので、安心してください。
ただし、個人年金保険であったり、貯蓄性の高い保険に関しては、利率の引き下げであったり、減少される幅が大きくなりますので、保険会社選びには気をつけるようにしてください。


LIFULL保険相談



関連記事

  1. 子宮筋腫や乳がん等の女性特有の病気を手厚く保障してくれる保険を教えて下…

  2. 自営業とサラリーマンの保険の違い

  3. 特定疾病保障保険とは?

  4. 給付対象となる手術を教えて下さい。

  5. 保険会社によって、1入院における限度日数や通算限度日数などに違いがあり…

  6. 入院しない日帰り手術でも、手術給付金はもらえますか?

PAGE TOP