LIFULL保険相談



診断給付金はどのような病気でも適用されるか

保険には診断給付金という物がありますが、もっともメジャーなのはがん診断一時金でしょう。それしかないと思っている方もいるようですが、実は診断給付金にはいくつか種類があります。

では診断給付金が適用されるのはどのような病気にかかったときなのでしょうか。

がん診断給付金とは?

がん診断給付金は保険の責任開始日移行に医師によってがんと診断された場合に所定の給付金を受け取ることができる保障です。通常がん保険は第1回の保険料払込、申し込み、告知の3つがそろった日から90日経たなければ保障を受けることができません。

ですからこの間にがんと診断されてもがん診断給付金を受け取ることはできないのです。

また最近のがん保険にはありませんが、昔加入したがん保険の場合、上皮内新生物や良性腫瘍の場合、がん診断給付金が下りないあるいは保険金額の一部しか受け取ることができないこともありますので、保険証券を確認するようにしましょう。

もし上皮内新生物が保障されないようなら、保障されるプランに変更するなど保険担当員と話し合うことが大切です。

特定疾病診断給付金について

特定疾病診断給付金の多くは三大疾病と医師から診断されたときに給付金を受け取ることができる物が多いです。給付条件は保険会社によって違いますが、がん、心疾患、脳血管疾患のいずれかの診断を受け、条件を満たした場合に平均して100万円の診断給付金が出ます。

なお保険会社によっては医師の診断後、入院や手術のために5日以上入院しなければ給付されない場合もあります。三大疾病のうちがんは90日の待機期間を経て診断された場合のみ診断給付金を受け取ることができ、これはがん保険と同じ扱いになります。

また保険金額が病気によって変わることもありますので、契約する際保険会社に確認することが大切です。三大疾病は入院が長引く傾向にあり、治療にもお金がかかる物ですから、診断給付金がある保険は非常に心強いです。

どんな保障をつけると安心か、どのくらいの保険料なら支払うことができるか考えた上で検討しましょう。


LIFULL保険相談



関連記事

  1. 医療保険はどのような場合に失効するのか

  2. 給付対象となる手術を教えて下さい。

  3. ソルベンシー・マージンの比率と比較

  4. がん保険と女性特定疾病を重視した医療保険の違いを教えて下さい。

  5. 相互会社の保険は相互保険?

  6. 通院だけのがん治療を保障してくれる保険を教えてください。

PAGE TOP