LIFULL保険相談



医療保険は何歳から何歳まで申し込めますか?

医療保険の加入を考える時、お父さんだけではなく、お母さんや子どもも一緒に加入した方が良いかもと考えるご家族も多いようです。
病気や怪我による入院や手術に対応している保険となりますので、万が一の時のことを考えると、加入しておいて損はない保険だと言えます。
そこで医療保険は何歳から何歳まで申し込みできるのかについて考えてみましょう。

医療保険の申し込み年齢ってどのくらい?

医療保険というのはその性質上、特に年齢の規定というのは設けられていません。
未成年者であっても加入することができるのが特徴の1つだと考えて良いでしょう。
上限の年齢に関しては、だいたいが60歳を1つの区切りとしています。
ただし、上限が60歳なのかと言うとそうでもないようです。
保険料が上がってしまうというリスクはありますが、健康であれば60歳からでも加入することができます。

  • 最近では年齢に関係なく加入できる医療保険も増えてきており、何歳から何歳までという区切りがなくなってきていると考えて良いでしょう。

基本的に年齢が上がれば上がるほど、病院にお世話になる機会は増えていくものですので、その分の保険料が高くなってしまいます。
60歳ともなってくると、何かしらの持病を抱えているという人も多くなってくることから、医療保険には加入できないと諦めてしまうことも少なくありません。
しかし、引受基準緩和型保険というものがあり、何らかの持病を抱えていても加入できる医療保険も存在しています。
ただすべての病気ではなく、ある程度の条件があるので、その点は覚えておきましょう。
また、一般的な加入者と比較すると、将来的に入院や手術を行うリスクが高まることから、保険料金が割高の設定になっていますし、保障額についても制限がかせられるというのが一般的です。
それでも保険に加入していた方が、万が一の時には心強いものなので、しっかりと確認するようにしておきましょう。

医療保険は何歳まで支払うの?

一般的には終身型の保障内容で60歳まで支払いをする、終身保障で終身払いをするといったケースが多いです。
近年では65歳を定年とする企業も増えてきましたが、まだまだ60歳で定年とする企業も多く、年金が支払われるのも65歳からですので、収入に不安が出てきます。
そこで、上でも書いたように60歳を1つの区切りとするというケースが多いです。

  • 家族で加入している場合は、収入の大黒柱となっているお父さんが60歳になる年まで支払いをするというのが一般的な考え方となります。


LIFULL保険相談



関連記事

  1. うつ病などの精神疾患の人でも医療保険への加入はできますか?

  2. 引き落とし口座の残高不足で保険料未納でも、保障はされますか?

  3. 終身保険と定期保険の違いは?

  4. リハビリのために入院した場合は、医療保険で保障されますか?

  5. 医療保険の特約の種類を教えて下さい。

  6. 更新をすると、通算支払限度日数はどうなりますか?

PAGE TOP