年代別の保険選び | 医療保険の超初心者ガイド









年代別の保険選び

会社員の「年代別」の保険選び

20代~30代の保険選び

会社員の方でも、「20代~30代の結婚していない方」であれば、保険に加入していない方も多いでしょう。

それらの年齢の方はまだ健康であるため、重篤な病気にかかる危険性もあまりないでしょうし、同年代の友人とも、あまり保険に関する話題にもならないので、あまり保険に対してシリアスに考える機会も少ないのが実際のところでしょう。

現に病気にかかって、手術であったり入院などをしたとしても、働いている会社などの福利厚生であったり健康保険などで自らが負担しなければならない金額は、大幅に減らされます。
そのため、焦って医療保険に入らなければならない、という事はないでしょう。

ですがもし、20~30代で保険を考えているなら、オススメなのが「終身保険」です。
なぜなら年をとってから保険に入ろうとすると、持病が足かせとなり、保険に入れなくなったり、月々の保険料が高くなってしまっているなどといったケースがあるからなのです。

そして、若い間に支払った保険料は「積み立て運用」も可能となります。
ですので突然高い保険料を払わされて生活が苦しくなるということもなくなります。

詰まるところは、支払った保険料の総額は、終身保険のほうが安くなるのです。

結婚前や子供が生まれる前のチェックポイント

結婚した上で共働きしているケースであれば、収入が途切れるということは起こらないため、主な考え方としては、独身時代と同様のもので大丈夫だと思います。

もし妻が専業主婦であるケースなら、夫の入院給付金が「1日およそ1万円ぐらい」の、やや高くなっているタイプにするのも良いかもしれません。

その上で、「家族特約」を考え、すべての家族の病気などによる入院や手術、そしてケガなどの保障を視野に入れるのも良いでしょう。
つまり、保険を重視するよりも、先々の様々な出費をじっくりと考えた上で、貯蓄を第一に考えるのがベストです。

子供ができれば、家族の「稼ぎ頭」が倒れてしまった際の危険性が大きくなります。
そのため、腰を据えて医療保険には入っておくべきでしょう。その際の保障については「入院1日につき1万円」、保障期間については、最も短くて「60日間」あれば問題ないでしょう。

そして生活習慣病であったり、ガンであったりの特約についてですが、これに関しては過度に心配することもないとは思いますが、もしも不安であるなら、高すぎないものを選択するのが良いでしょう。

40代~の医療保険について

もしも40代~の方で医療保険にまだ加入していないという方がいらしたら、できるだけ早く加入されることをオススメします。

なぜならば、壮年期となると、ガンであったり、生活習慣病であったりに罹ってしまう可能性が急に高くなるため、うかうかしていると保険の無い状態で入院しなければならない、といった事態にもなりかねないからです。

現時点で保険に入っているという方でも、これまでの保険のサービスに、ガンであったり生活習慣病気などの保障をしっかりとさせる特約を考慮に入れておきましょう。
あるいは、新規にガン保険を検討するのも選択肢の一つでしょう。