会社員の方が考えるべきこと | 医療保険の超初心者ガイド









会社員の方が考えるべきこと

最初に、会社で加入している健康保険組合の保障内容を把握する

会社で働いている方が医療保険に加入する際に、まず第一にチェックしておくべき部分は「会社で入っている健康保険組合が、どのような保障内容を持っているか」です。

公務員であったり、大手企業の場合は、それぞれの団体が入っている健康保険の保障内容が内容の詰まったものとなっているため 、結果的に自己負担となる金額は過度に大きくなることはありません。

健康保険組合が保障する内容について



上記のように、力を入れて保障が整えられているので、もしも保険に入っていなくても、個人に対しての医療費の負荷が大きくなりすぎることはないのです。

事実上の費用はどれぐらいかかるか確認

ここでは、「仮のシチュエーション」として、「手術を行う入院を22日間体験した」という状況で、「某保険会社」の冊子に記載されていた金額と、実際に算出したしたものを比較してみます。

仮に「入院1日につき5,000円 、手術に対して10万円」の保障を受けられる医療保険に加入していた際の計算結果が下図となります。

保険会社の冊子には、「そんなものが本当にいるのか・・・?」という費用があちこちに見受けられました。

入院をした事があまり無い方は、入院は多額の出費を余儀なくされると思っている方が多いと思います。

しかし、上記の「仮のシチュエーション」においては、健康保険が大幅に負担を減らしてくれたために、「10万円未満」に出費を収めることができました。

そして、「傷病手当金制度」であったり、「有給休暇」を適用することによって、入院している間でも収入が完全になくなってしまうといった危機も回避す ることができます。

もしも「付加給付金」のある方であれば、上のシチュエーションであるならば、毎月高い保険料を払ってもしもの事態に準備しておくよりも、自分自身でお金を貯めておいたほうがメリットが大きいかもしれません。

そして、もし「付加給付金」のない状況でも、今あなたが考えている保険よりも、もっと廉価なものでも問題ないかもしれません。

損をしない生活のために、自分自身の保険に対する「再検討」をしてみてください。

家族でのベストな医療保険選びについて

皆さんの家族のそれぞれの方が、健やかな毎日の生活を送る上で、悩みのタネとなる要素には色々なものがあります。

たとえば体調が優れなかったり、仕事がうまくいっていなかったり…その中でも「医療費について」は最も大きなものの一つです。

いまはそれぞれの家庭が抱える「医療費の負担」のパーセンテージが 増えてきている時代です。

そのため、「医療費をちゃんと払いきれるのだろうか…」という心配を感じている方は多くいらっしゃると思います。

そのような時に、大きな頼りとなる存在が「医療保険」なのです。

しかしこの医療保険のサービスは一つのものではありません。特約の付帯の仕方や、それぞれの保険の内容によって、さまざまな種類の保障が用意されているのです。

例を挙げると、同じ「会社員」の方であっても、勤務している会社によって、福利厚生であったり、健康保険によってカバーしてくれる箇所は異なってきますので、それによって適した医療保険も違ってきます。
そして、働いている方でも女性と男性では適した保険 が変わってきますし、女性の中でも結婚していない方としている方でベストとされる医療保険は別のものになってくるのです。

それぞれの方の環境に適した保険選びをすることで、無理とムダのない有意義な生活を送ることができます。