LIFULL保険相談



世界最高水準の日本の医療保険制度について

医療保険というと、保険会社が販売しているものを思い浮かべる方が多いかもしれませんが、それらに入らなくても、日本では全ての国民が既に医療保険に加入しているはずです・・・それが健康保険です。
組合健保、協会健保、または国民健康保険等によって多少給付内容に違いはありますが、基本的に日本人は全員この医療保険に加入しているのです。

こちらの記事ではこれらの公的な医療保険を「公的保険」、そして保険会社による医療保険を「民間保険」というように言い分けてご説明して参ります。

LIFULL保険相談

公的な医療保険制度を知る

民間の医療保険への加入を考える前に、まず既に自分が加入している公的な医療保険の内容を知っておく事が大切です。
その上で何が不足していて、どんな事態に備えればよいのかを考えるという事が必要なのです。

公的保険の中には、サラリーマンの方が加入する健康保険組合と、自営業または無職の方が加入する国民健康保険とがあります。
その他に、公務員の方の共済組合や、船員や海事関係従事者が加入する船員組合も公的保険と言えます。
さらにそれらに付随しての介護保険もありますし、医療保険とは少々異なりますが、障害を持った時などに給付される事になる厚生年金・国民年金も公的保険のひとつと言えるでしょう。

健康保険・国民健康保険・共済組合のなどの医療保険は、医療費の一部または全部を負担したり、仕事が出来なくて収入が途絶えた時に給付金が支給されたりします。
つまり民間の医療保険と同様な給付が、公的医療保険でも既に用意されているという事になります。
もちろんこれらの支給には一定の条件などもありますが、基本的に多くの方が使いやすいようにできています。
ですから、まずは公的の医療保険を利用して、それでも足りない部分を民間の医療保険に頼るという形をとれば、無駄に保険料を支払う必要もなくなるというわけです。

それでは、公的医療保健にはどのような種類があるか、見ていきたいと思います。

健康保険

先ほども少しご説明した通り健康保険にはその人の立場によって数種類があります。
いずれも、医療機関で支払った金額のうち、残りの7割を負担してくれるので、個人が負担するのは3割です。
子どもや高齢者の場合には、個人負担額がもっと少なくなる事も多いですが、それらは自治体によっても異なります。
保険が適用になる治療などは詳細に決められていて、例えば美容目的での施術などは適用外となります。
この他にも健康保険での給付は多岐にわたりますが、それについては後程ご説明します。

介護保険

40歳以上になった人は、健康保険料とともに介護保険料を納める事になっています。
65歳未満の方は、特定の疾患などによって要介護になった場合のみ保障される事になっています。

後期高齢者医療制度

75歳以上の人が対象の公的医療保険です。
健康保険制度とは別の制度になっています。
国や地方自治体からの補助金と、健康保険や国民健保からの支援金、それと加入者から徴収する保険料で運営されています。
保険料は収入によって計算されますが上限はあります。
収入が一定以下の方の場合には、保険料が減額や免除となります。

高レベルな日本の公的医療保険制度

人生で何が最も大切かという問いには、それぞれの価値観などによって様々な答えが出て来るかもしれませんが、まずは何はともあれ健康な心身があってこそではないでしょうか。
身も心も健康であり、感染症や病気などを未然に防ぐ対策が取られており、さらにはもし病気になった時にも適切な治療を受ける事ができる、というような体制が整っていて、はじめて私たちは安心して生きていけるのではないでしょうか。

日本ではそういった考えから、国民全員に健康保険への加入を義務付けているのです。
今や日本が世界最高レベルの長寿国になっているのは、この制度のおかげと言っても過言ではないと言えると思います。
公的保険では、治療費の一部負担以外にも、加入者の経済的負担を軽減するための様々な給付がありますので、その一部をご紹介します。

  • 高額療養費制度
  • 傷病手当金
  • 海外療養費制度
  • 子ども医療費助成制度
  • 出産育児一時金、手当金

高額療養費制度

高額療養費制度と制度は、月初めから終わりまでの1か月の間に、一定額以上の医療費を支払った場合にその額を超えた部分を支給してくれる制度です。
日本では基本的に窓口での本人負担は3割です。例えば10,000円の医療費が掛かったとすれば3,000円が個人負担になります。
しかし掛かった医療費が大きくなれば、3割であっても高額になる事があります。
その金額が支払えなくて治療を諦めるというような事態にならないために、この高額療養費制度が設けられています。
具体的には次のような仕組みになっています。

こちらの例では高額療養費制度によって、歴月で100万円かかった医療費のうち、最終的に個人で負担する分は87,430円という事になります。

この例以外にも、複数の病院で支払った医療費や被扶養者になっている家族の医療費も合算出来ますので、1か月に掛かった医療費が高額になった時には大変ありがたい制度であると言えます。

高額医療費の請求から支給まで3か月ほどかかりますが、健康保険組合によっては、入院などで高額の医療費が掛かる事が見込まれる場合に、事前に申請書を出すことで「限度額適用認定証」が発行され、それを医療機関の窓口に提出する事で、最初から限度額までの支払いで済むこともあります。
該当する方は加入する健康保険組合、または共済などに問い合わせしてみて下さい。

尚、入院中の食事代や差額ベッド代などは高額医療費制度の適用外です。
また保険給付ではありませんが、日本の税金制度では1年間に支払った医療費が一定以上の場合に、その年の税金が還付される「医療費控除」がありますので税務署などで確認してみて下さい。
申告の際には医療費などの領収書が必要になりますので、なくさないようにとっておくことも大切です。

傷病手当金

病気やケガで仕事が出来なくなり給料が支払われなくなった際に、健康保険から給付されるのが傷病手当金です。
支給される条件は次のようになっています。

傷病手当金の支給条件
  • 業務上や通勤時以外の理由による病気やケガである。
  • 仕事が出来ない状態である。
  • 連続して3日間、合計4日以上仕事に就けなかった。
  • 給与の支払いがなかった。

業務上や通勤時のケガなどは労災保険の適用になるため、健康保険では支払いはありません。
また仕事が出来ない状態であるかそうでないかは、医師の判断や本人の状態、さらには仕事の内容などを考慮しながら判断される事となります。

連続して3日以上というのは、民間保険における免責期間の考え方と同じであり、その期間は支払はれません。その3日間には有給休暇や日曜日などの公休日が入っていてもかまわないことになっています。
給与の支払いがあると傷病手当金は支払われませんが、もし給与の額が傷病手当金の日額よりも少なかった場合には、その差額は支払われます。

傷病手当金は日額で計算される事になっています。その金額は、その人の標準報酬日額の3分の2であり、この標準報酬日額は決められた条件のもとに算出されています。
支払われる期間は、支給日から18か月です。
尚、この制度は国民健康保険にはありません。

海外療養費制度

海外療養費制度とは、出張や旅行などで海外に行った際に、急な病気やケガのために現地で治療を受けた際に掛かった医療費の一部が支給される制度です。
同様の治療を日本で受けた場合の保険点数に換算し、その7割までが支給されます。

支払った医療費が高額の時には、先ほどご説明した高額医療費制度も利用できます。
ただし、この制度を利用するためには、海外で1度医療費の支払いを済ませたうえで医療費の領収書や治療の内容などを証明する書類を発行してもらう必要があります。

子ども医療費助成制度

健康保険での給付などに加えて、子どもを対象にした公的医療制度が子ども医療費助成制度です。
健康保険では一般的に就学前の子どもは2割負担、就学すると3割負担です。
自治体によっては、さらに上乗せで補助が出ているところが多くあります。
15歳まで18歳までなどの年齢制限や、所得制限の有り無しなど、その自治体によって処遇は大きく異なります。

出産育児一時金、手当金

妊娠や出産に関わる検査や分娩費用は、健康保険は適用されない事になっていますが、一児につき42万円の出産一時金が給付される事で掛かる費用が補填されます。
さらに産前産後休暇、いわゆる産休を取ってその間給与の支払いがなかった場合には、出産手当金が受け取れます。
これらは自己申告によって支給されるものなので、自分が該当する事が決まった時点で、勤務する会社の担当者や健康保険組合、または自治体の担当部署などに手続きの方法などを問い合わせるようにしましょう。

まとめ

ここまでご説明したように、日本の公的な医療保険=健康保険は、世界的に見てもかなり高水準で整備されており、民間の医療保険に入らずしても、十分な保障があるようにも感じます。
民間保険への加入を検討する際には、まず公的な保険にどのような給付があるのかを知り、それでは足りないと思われる部分の保障を付加する事を念頭に置くべきでしょう。

例えば、医療費については公的な保険でまかなえるけれど、長期入院することになった際の差額ベッド代やその他の雑費をまかなうためや、給料が出なくなった時のためなど、具体的にどんな場面でどの位必要になるのかを考えて医療保険へ加入すれば、無駄な保険料を支払わなくて済むでしょう。


LIFULL保険相談



関連記事

  1. 医療保険は本当に必要なのか?【世代別】医療保険についての考え方

PAGE TOP